ピンクリボン活動

乳がんのない世界を。
エイボンの願いです。

ピンクリボン活動
最新のピンクリボン活動

今や日本人女性の11人に1人がかかると言われ、特に40代からは罹患率が高まる傾向がある、乳がん。

一方、乳がんは早期発見と適切な治療で90%以上が治癒する病気であり、乳がんの多くは、自分自身が第一発見者です。
つまり、自分で乳房を見て、触ることで、発見できる可能性が高いがんなのです。

でも…「面倒くさい」「時間がない」「やり方がわからない」など
色々な理由で習慣化しづらいのも正直なところ。

毎日の生活の中に「乳がんセルフチェック」を、もっと気軽に取り入れることができたら。
そんな想いから、エイボンは、スキンケアのついでにできる、オリジナルの乳がんセルフチェックを考えました。

エイボンのピンクリボン活動

2002年、エイボンのピンクリボン活動は「口紅1本でできるボランティア」からスタートしました。

「乳がんで悲しむ人を一人でも減らしたい」との想いから、1980年代にアメリカで乳がんの早期発見・早期治療を呼びかけたのがピンクリボン活動の始まり。女性の幸せを願う会社として、 エイボンはいち早くこの活動への支援をスタート。「口紅1本でできるボランティア」で寄付金付きの口紅を販売いたしました。

2018年度の募金額は、10,087,000円で、2002年から2018年までの募金額は298,064,667円に達しました。

エイボン ピンクリボン活動2018
イラストコンテンツ「NTS(乳液ついでにセルフチェック)」の制作・発信
忙しい現代女性が日常で行っている様々な“ついで”をイラストにまとめ、乳がんのセルフチェックも乳液を顔につけるスキンケアの“ついで”に、気軽に実践できることを啓発します。SNSなどWEBを中心に情報発信を行い、セルフチェックを習慣化してもらうことを目指します。

エイボンオリジナル「乳液セルフチェック」 ハウツー動画の公開
湘南記念病院乳がんセンター長の土井卓子先生監修のもと、乳液を使って、乳がんのセルフチェックができる「乳液セルフチェック」を開発。乳液を使うことで、肌の凹凸が分かりやすくなり、しこりに気づきやすくなる効果が期待できます。チェック手順を分かりやすく紹介した動画を、10月1日(月)から企業サイトで公開します。

セルフチェックに関する意識調査の発表
40代女性479名を対象に、乳がんセルフチェックに関する意識調査を実施しました。88.5%は、乳がんセルフチェックの大切さを認識する一方で、定期的に乳がんセルフチェックをしている40代女性は、わずか15.5%という結果となりました。
意識調査の詳細はこちらからご参照ください

啓発イベント「ピンクリボンかながわ 2018」への出展
9月23日(日)、横浜で行われたピンクリボン啓発イベント「ピンクリボンかながわ 2018」にブースを出展しました。 当日は、「乳液セルフチェック」のリーフレットや、エイボンの基幹ブランド「ミッションY」の乳液製品配布などを行いました。

ピンクリボン関連 2団体への寄付
2018 年は「認定NPO法人 J.POSH」「ピンクリボンかながわ」の 2 団体に売上の一部を寄付いたしました。
認定NPO法人 J.POSH
ピンクリボンかながわ

従業員向け社内セミナーの実施
湘南記念病院乳がんセンター長の土井卓子先生を講師にお招きして、乳がんの治療やケア、セルフチェックの方法について学ぶ社内セミナーを実施しました。
ページTOPへ