エイボン女性年度賞

高い志と情熱、行動力をもって
信じた道を歩み続ける女性たちを
応援し続けます。

2017年度 エイボン女性年度賞授賞式
2017年度 エイボン女性年度賞授賞式
2017年 受賞者一覧
エイボン女性大賞
小池 一子
十和田市現代美術館 館長/クリエイティブ・ディレクター

1983年〜2000年日本初のオルタナティブ・スペース「佐賀町エキジビット・スペース」創設・主宰。現代美術の新しい才能を国内外に送り出した。2000年、ヴェニス・ビエンナーレ第7回国際建築展 日本館「少女都市」企画・展示監修。2012年 21_21 DESIGN SIGHT(ミッドタウン)「田中一光とデザインの前後左右」、2017年 十和田市現代美術館「横尾忠則 十和田ロマン展 POP IT ALL」その他、公私立の美術館への企画参加多数。2011年より「佐賀町アーカイブ」として、佐賀町エキジビット・ スペースの活動と資料、作品コレクションを検証し、公開を期している。近著・訳書に『イッセイさんはどこから来たの?三宅一生の人と仕事』(HeHe、2017年)、 『アイリーン・グレイ』(みすず書房、2017年)。2016年4月より十和田市現代美術館館長。東京生まれ。「無印良品」創業以来アドヴァイザリー・ボード。「くらしの良品研究所」所長。武蔵野美術大学名誉教授。 Photo by Taishi Hirokawa

教育賞
黒田 麻衣子
株式会社東横イン 取締役兼代表執行役社長

立教大大学院で19世紀のドイツ史を専攻。2002年東横インに入社。出産・育児のため退社後、08年に副社長として復帰し、12年に社長就任。東横イン創業者である西田憲正氏の長女。東横インは1986年の創業以来、支配人には女性を登用。女性の感性を活かしたホテル運営をしてきた。前職は問わず、妻であり母である”業界未経験の”30代後半〜40代後半の女性を積極的に採用している。2015年5月2日〜3日には、全店全室(日本243店舗と韓国6店舗で48,831室)を満室にしたとして、ギネス世界記録に認定された。社長ヴィジョンとして「日本一女性が働きがいのある職場を目指して」を掲げている。

芸術賞
荻上 直子
映画監督/脚本家

デビュー作『バーバー吉野』(03)でベルリン国際映画祭児童映画部門特別賞を受賞。『かもめ食堂』(06)の大ヒットにより、日本映画の新しいジャンルを築く。『めがね』(07)は、海外の映画祭でも注目を集め、08年サンダンスフィルム映画祭、香港映画祭、サンフランシスコ映画祭などに出品され、ベルリン国際映画祭では、ザルツゲーバー賞を受賞した。『トイレット』(10)では、第61回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞し前作『レンタネコ』(12)では第62回ベルリン国際映画祭パノラマ部門正式出品。最新作『彼らが本気で編むときは、』も、第67回ベルリン国際映画祭で、日本初のテディ審査員特別賞、観客賞第2位とダブル受賞に輝くなど、国内外での評価が高い。また、2017年1月NHKBSで放送された「朗読屋」のドラマ脚本を手掛けるなど、CM、TVドラマ脚本など幅広く活躍している。

スポーツ賞
上地 結衣
車いすテニス選手

先天性の潜在性二分脊椎症であったが、11歳で車いすテニスを始める。2012年、高校3年生でロンドン・パラリンピックに出場し、シングルス、ダブルスともにベスト8進出。2014年の全仏オープンでグランドスラム、シングルス初優勝。また、同年の全米オープンでも優勝。同年5月には、初めて世界ランキング1位を記録した。ダブルスでは、日本人女子選手初となる年間グランドスラムを達成し、「女子車いすテニス最年少年間グランドスラム」のギネス記録に認定される。2016年、リオデジャネイロ・パラリンピックでは、シングルス銅メダルを獲得。2017年には、全豪オープン、全仏オープン、全米オープンで優勝、シーズン終了時の世界ランク1位で年間王者が確定。現在、グランドスラム、シングルス5勝、ダブルス11勝をあげ、世界ランク1位。※2017年12月現在

※ソーシャル・イノベーション賞 本年は該当者なし

選考委員
  • 有森 裕子
    元マラソン選手
    有森 裕子
  • 大宅 映子
    評論家
    大宅 映子
  • 国谷 裕子
    キャスター
    国谷 裕子
  • 原田 マハ
    作家
    原田 マハ
エイボン女性年度賞について

1979年から社会に有意義な活動をし、人々に勇気や希望を与える女性たちに贈られてきました。特にその年度で顕著な活動をされている方、長年の地道な努力を結実された方、女性の新しい可能性を示唆する先駆的活動をされている方という観点から、厳正な審査のもと受賞者を決定します。

大賞
特定の活動分野を問わず、社会的にめざましい活躍をし、立派な功績をおさめている女性に贈られます。
教育賞
学校教育・社会教育・情操教育など、広く学術、教育の分野で顕著な活動をしている女性に贈られます。
芸術賞
創造的な芸術活動において、新鮮な境地を拓き、または伝統芸術の保存、復活などに尽力している女性に贈られます。
スポーツ賞
スポーツの各分野で記録を更新し、あるいは指導者として活躍するなど、女性のスポーツ振興・助成・開発に貢献している女性に贈られます。
ソーシャル・イノベーション賞
現代社会が向き合う様々な課題や問題に対し、創造的かつ持続可能なアイデア、解決策を提案している女性に贈られます。
副賞

賞牌

賞金

指名寄付団体

受賞者の活動分野の関係者および協力者の今後の発展を願い、受賞者本人への副賞とは別に、各賞の副賞と同額を受賞者が指名する団体に寄付しています。1979年の賞の創設以来2017年までに192団体に寄付金をお贈りしました。

過去のエイボン女性年度賞
ページTOPへ